• OneNote 2013
 

OneNote 2013

OneNote 2013 は、情報をキャプチャして共有し、保存できるデジタル ノートです。

インストール可能なPC:2台

¥11,664 税込み

 

 
 

詳細

製品概要

任意のイメージ

すべての情報を 1 か所で

OneNote は、あらゆる種類の情報をキャプチャして共有し、保存できるデジタル ノートです。 OneNote 2013 を開くと、フレッシュでクリーンな画面が最初に表示されるため、インターフェイスではなく、自分の考えやアイデアに集中することができます。 クラウドとの完全な統合機能により、コンピューターのハード ディスクからファイルが解放され、場所を問わず、ほぼすべてのモバイル デバイス、タブレットやブラウザーで、メモや情報の保存や検索が可能になっています。

画像 0

欲しい情報や必要な情報を入手

どこでも頼りになるノート。 ひらめいたアイデアを、忘れてしまうことはもうありません。 タイプしたメモや手書きのメモ、リンク、Web ページ、スケッチ、ビデオや他のメディアを 1 か所にまとめて、便利に利用できます。

ファイルの組み込み。 画像、ドキュメント、ビデオなどは、そのままメモに組み込むことができます。

手描き入力。 自由な方法で楽しくメモを作成。 指先、スタイラス、マウスを使ってスムーズに描画、消去、編集できるため、クリエイティブな手描き入力を楽しめます。 タイプ入力が面倒な場合は、手書きしたメモを OneNote でテキストに変換できます。

画像 1

必要な情報を素早く検索して共有

自動保存。 OneNote では、移動先でもコンテンツが自動的に保存されます。 コピーを作成する場合は、ノート全体、段落、ページをエクスポートすることも可能です。

シンプルな共有機能。 メモは、デフォルト**により、SkyDrive または SharePoint でオンライン保存されるため、同一ファイルに対する共通リンクを友人に送信することにより、全員が確実に最新版をチェックできるようになります。

**インターネット接続が必要です。 Microsoft アカウント (SkyDrive) または Office 365 アカウント (SharePoint) でサインインする必要があります。

画像 2

出かけるときはメモも一緒

デバイスに 場所を問わずいつでもメモ Windows Phone、iPhone、iPad、Android などにインストールされた OneNote Mobile アプリを利用することにより、いつでもメモを取ることができます。 ブラウザーを利用する場合は、OneNote Web App を使用します。

OneNote (Windows 8)。 描画、入力、クリック、スワイプ。OneNote が Windows 8 用に一新されました。 保存されたメモは検索可能で、他のデバイス上の OneNote アプリにも同期します。 新しい OneNote アプリは、Windows ストアでご購入いただけます。

プロセッサ

SSE2 命令セットに対応する 1 ギガヘルツ (Ghz) 以上の x86/x64ビット プロセッサ

対応オペレーティング システム

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012

メモリ

1 GB の RAM (32 ビット)、 2 GB の RAM (64 ビット)

ハード ディスクの空き容量

3.0 GB の空き容量

ディスプレイ

グラフィック ハードウェア アクセラレータには、DirectX 10 対応グラフィック カードと 1024 x 576 の解像度が必要

.NET のバージョン

3.5、4.0、4.5

マルチタッチ

マルチタッチ機能を使用するには、タッチ操作に対応したデバイスが必要です。 タッチ操作デバイスがなくても、キーボード、マウス、または標準的なその他の接続可能な入力デバイスを通じて、すべての機能を利用できます。 新しいタッチ操作機能は、Windows 8 でその性能を最大限に発揮します。

その他のシステム必要条件

利用可能な機能は、システム構成に応じて異なります。 一部の機能では、特別なハードウェア、高度なハードウェア、サーバーへの接続が必要となる場合があります。

メモ:   システム必要条件は、確実性を期すため端数を切り上げて 0.5 GB 単位で示されています。 たとえば、アプリケーションに必要なハード ディスクの空き容量が 1.99 GB の場合、ディスク空き容量の推奨値は 2.5 GB となります。 ハード ディスク システムの必要条件は、実際にソフトウェアで使用されるディスク容量よりも、意図的に大きく設定されています。

グラフィック プロセッサは、Excel 2013でのテーブル描画や、PowerPoint 2013 での画面切り替え、アニメーション、ビデオ統合など、特定機能のパフォーマンスを向上させるためのものます。 Office 2013 でグラフィック プロセッサを使用するには、64 MB のビデオ メモリを搭載した Microsoft DirectX 10 対応のグラフィック プロセッサが必要となります。 これらのプロセッサは、2007 年以降に広く普及しているものです。 現在販売されている多くのコンピューターには、この条件以上のグラフィック プロセッサが搭載されています。 グラフィック プロセッサが搭載されていない場合でも、Office 2013 をご利用いただくことが可能です。