Outlook 2013

 

Outlook 2013

¥15,984 (税込)

電子メール、カレンダー、連絡先が分かりやすく表示されるため、重要な情報を的確に把握することが可能。

インストール可能なPC:2台

電子メール、カレンダー、連絡先が分かりやすく表示されるため、重要な情報を的確に把握することが可能。

 

 

製品概要

任意のイメージ

重要な情報にフォーカス

Outlook 2013 は表示形式が一新され、 とても見やすくなりました。 電子メール、カレンダー、連絡先が分かりやすく表示されるため、重要な情報を的確に把握することができます。 また、効率良く情報にアクセスできるため、コミュニケーションがより効果的に行えます。

必要な情報が一目で確認できます。 メッセージ リストでメッセージをプレビューできるため、最初に対処すべきメッセージを特定できます。 閲覧ウィンドウに直接返信を入力できるため、クリック 1 つですばやく返信できます。

画像 0

より効果的なコミュニケーション

Exchange ActiveSync に対応。 会議、メッセージ、連絡先を見逃すことはもうありません。 プッシュ対応の電子メール、予約、Outlook.com や Hotmail からの連絡先情報を、Outlook で受信できるようになりました。


Social Connector 機能。 常に最新情報を入手。 LinkedIn や Facebook などのソーシャル ネットワークから、家族や友人たちの最新情報を自動的に入手することができます。

画像 1

連絡先やスケジュールを簡単に管理

プレビュー機能。 自分のスケジュール、予約、タスクや、電子メール相手の情報などを、ウィンドウを調整する必要なく、また作業を中断する必要なく、プレビューですばやく確認できます。


連絡先カード 個人の連絡先に関する情報 (ソーシャル ネットワークの最新情報を含む) をすべて 1 つに統合して表示することにより、他のユーザーの近況をすばやく把握することや、不必要な重複項目を削除することができます。

画像 2

かつてない速さで重要な情報を入手

検索 強化された検索機能により、かつない速さで電子メール メッセージ、添付ファイル、カレンダー、予約、連絡先を見つけられるようになったため、適切な相手とすぐに連絡を取ることができます。


便利なフィルターとコンテキスト コマンド。 フィルター機能とコンテキスト コマンドにより、作業効率が向上します。 ワンクリックで、今日、来週、来月のスケジュールがすぐにわかります。 電子メールのフィルター、並べ替え、操作を、複数用意されている直感的な方法で実行できます。

要件

プロセッサ

SSE2 命令セットに対応する 1 ギガヘルツ (Ghz) 以上の x86/x64ビット プロセッサ

対応オペレーティング システム

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012

メモリ

1 GB の RAM (32 ビット)、 2 GB の RAM (64 ビット)

ハード ディスクの空き容量

3.0 GB の空き容量

ディスプレイ

グラフィック ハードウェア アクセラレータには、DirectX 10 対応グラフィック カードと 1024 x 576 の解像度が必要

.NET のバージョン

3.5、4.0、4.5

マルチタッチ

マルチタッチ機能を使用するには、タッチ操作に対応したデバイスが必要です。 タッチ操作デバイスがなくても、キーボード、マウス、または標準的なその他の接続可能な入力デバイスを通じて、すべての機能を利用できます。 新しいタッチ操作機能は、Windows 8 でその性能を最大限に発揮します。

その他のシステム必要条件

利用可能な機能は、システム構成に応じて異なります。 一部の機能では、特別なハードウェア、高度なハードウェア、サーバーへの接続が必要となる場合があります。

メモ:   システム必要条件は、確実性を期すため端数を切り上げて 0.5 GB 単位で示されています。 たとえば、アプリケーションに必要なハード ディスクの空き容量が 1.99 GB の場合、ディスク空き容量の推奨値は 2.5 GB となります。 ハード ディスク システムの必要条件は、実際にソフトウェアで使用されるディスク容量よりも、意図的に大きく設定されています。

グラフィック プロセッサは、Excel 2013でのテーブル描画や、PowerPoint 2013 での画面切り替え、アニメーション、ビデオ統合など、特定機能のパフォーマンスを向上させるためのものます。 Office 2013 でグラフィック プロセッサを使用するには、64 MB のビデオ メモリを搭載した Microsoft DirectX 10 対応のグラフィック プロセッサが必要となります。 これらのプロセッサは、2007 年以降に広く普及しているものです。 現在販売されている多くのコンピューターには、この条件以上のグラフィック プロセッサが搭載されています。 グラフィック プロセッサが搭載されていない場合でも、Office 2013 をご利用いただくことが可能です。

評価およびレビュー