Project Standard 2013

 

Project Standard 2013

¥84,833 (税込)

Project Standard 2013 でプロジェクトを組織して維持管理。

インストール可能なPC:2台

Project Standard 2013 でプロジェクトを組織して維持管理。

 

 

製品概要

任意のイメージ

プロジェクトの維持管理

Project Standard 2013 でプロジェクトを組織して維持管理。 作業開始を促進して効率性と生産性を向上させる、柔軟性と利用価値のある機能が用意されています。 進捗状況を評価し、プロジェクトの詳細を効果的にチーム メンバーや関係者に伝えるモダンな報告書を簡単に作成できます。

画像 0

維持管理

目的とするビジネス価値を実現するための直感的な機能を使用することにより、プロジェクトの構築と維持管理が簡単になります。 充実した視覚的な環境では、重要な問題に素早く焦点を当てて必要な措置を簡単に選択し、機能をシームレスにブラウズすることができます。

画像 1

あらゆる規模のプロジェクトを管理

毎日の作業、プロジェクトのタスク、重要な詳細情報、スケジュールに関して、状況を把握しやすく視覚的に充実したインターフェイスを使用することにより、優先順位を決定して効率を向上させることができます。 使い慣れた Office 的な環境に用意されている設定不要の豊富なレポート ツールでは、進捗状況の評価やリソースの配分を素早く簡単に実施できます。

画像 2

プロジェクトを成功に導く

作業計画、リソース配分、コスト効率、その他多数の重要なプロジェクト詳細に関する理解を深めるための、効果的なプレゼンテーションが実現します。 [プロジェクト タイムライン] ビューでは、プロジェクトを視覚化して、チーム、幹部、関係者に対するプレゼンテーションに使用できます。

要件

プロセッサ

SSE2 命令セットに対応する 1 ギガヘルツ (Ghz) 以上の x86/x64ビット プロセッサ

対応オペレーティング システム

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012

メモリ

1 GB の RAM (32 ビット)、 2 GB の RAM (64 ビット)

ハード ディスクの空き容量

3.0 GB の空き容量

ディスプレイ

グラフィック ハードウェア アクセラレータには、DirectX 10 対応グラフィック カードと 1024 x 576 の解像度が必要

.NET のバージョン

3.5、4.0、4.5

マルチタッチ

マルチタッチ機能を使用するには、タッチ操作に対応したデバイスが必要です。 タッチ操作デバイスがなくても、キーボード、マウス、または標準的なその他の接続可能な入力デバイスを通じて、すべての機能を利用できます。 新しいタッチ操作機能は、Windows 8 でその性能を最大限に発揮します。

その他のシステム必要条件

利用可能な機能は、システム構成に応じて異なります。 一部の機能では、特別なハードウェア、高度なハードウェア、サーバーへの接続が必要となる場合があります。

メモ:   システム必要条件は、確実性を期すため端数を切り上げて 0.5 GB 単位で示されています。 たとえば、アプリケーションに必要なハード ディスクの空き容量が 1.99 GB の場合、ディスク空き容量の推奨値は 2.5 GB となります。 ハード ディスク システムの必要条件は、実際にソフトウェアで使用されるディスク容量よりも、意図的に大きく設定されています。

グラフィック プロセッサは、Excel 2013でのテーブル描画や、PowerPoint 2013 での画面切り替え、アニメーション、ビデオ統合など、特定機能のパフォーマンスを向上させるためのものます。 Office 2013 でグラフィック プロセッサを使用するには、64 MB のビデオ メモリを搭載した Microsoft DirectX 10 対応のグラフィック プロセッサが必要となります。 これらのプロセッサは、2007 年以降に広く普及しているものです。 現在販売されている多くのコンピューターには、この条件以上のグラフィック プロセッサが搭載されています。 グラフィック プロセッサが搭載されていない場合でも、Office 2013 をご利用いただくことが可能です。

評価およびレビュー